防犯対策リフォーム&エクステリア
[まず第一に ねらわれにくくする]

ドロボーが侵入しようと狙う場合、事前に下見をしてから
「入りやすくて、逃げやすい家」に狙いをつけるといわれています。
そこで「狙われにくい家」にすることが大切な第一歩なのです。
では、「入りやすくて、逃げやすい家」とは?


・塀や生垣で道路や隣家から見通しが悪い
・門が外から簡単に開けられる
・2階へ昇れる足場になるものがある
・ベランダの内側が外から見えない
・車庫の扉はいつでも開けられる
・庭が暗かったり、隠れる場所がある
・インターホンは、通話のみ
・ポストが外から開けられる
その対策は!  <外構リフォーム>

・塀、フェンス・・・・・・・・・見通しよく、簡単には乗り越えられない高さで
                足場にならない高さがポイントです。
・門扉・・・・・・・・・・・・・・・・内鍵に手の届かない高さがポイントです。
                サムターン錠がお勧めです。
・足場を置かない・・・・・・物置やエアコン室外機などは、2階の窓や
                バルコニーへの足場になりやすいので
                建物から離して設置しましょう。
・バルコニー、ベランダ・・内側に侵入者が隠れても、外から気づくように
                見通しのよいデザインにしましょう。
・車庫、ゲート・・・・・・・・・しっかりとしたロック付やシャッターゲート。 
                電動式アップゲートは停止時ロック機構付が
                お勧めです。
・死角をつくらない・・・・・侵入者を感知すると、強力な光の照射や点滅
                ストロボで威嚇します。電源がなくても付けら
                れるソーラータイプが便利です。
                大きな木の下枝は払いましょう。
・テレビ付インターホン・・留守確認にインターホンを鳴らす不審人物を
                録画できるカメラ付インターホンが有効です。
・ポスト・・・・・・・・・・・・・・郵便物が盗まれたり、覗かれたりされないよう
                蓋付ポスト口や鍵付取り出し口形式のものに
                して、情報をむやみに知られないように。
[第二に 侵入されにくくする}

室内への入り口である、窓・ドアからの侵入方法は、統計的に
4つの手口からなっています。(上記グラフ参照)
これらの手口に対して不安のある家とは?


・ワンロックの勝手口ドア
・面格子のない窓
・うっかり無締まり
・ワンロックの窓
・ワンロックの玄関
・窓が普通のガラス
その対策は!  <セキュリティーリフォーム>

・窓・・・・・・・・・・・・・・・ガラス割り対策に樹脂シートをはさんだ
               「合わせガラス」が効果的。
・視覚的効果・・・・・・・雨戸やシャッターのない窓には面格子を
               取り付ける。この時取り付けビスの頭は
               簡単にハズせないようつぶしておく。
              ブラインドやカーテンを取り付けて、内部
               の様子を見えにくくする。
・警報機・・・・・・・・・・・ガラスの内側に、警報シールで威嚇して、
               万一の時は大音量のアラーム警報機を
               取り付けましょう。
・サッシの強化・・・・・・ドアーやサッシにはメインロックと
               サブロックの2ロックで!
・玄関ドアー対策・・・・サムターン回し対策として、室内側のサム
               ターンが外せるものにするとか、カバーを
               つけて開けられないようにする。
              自動施錠にして、うっかりや、すぐ戻るから
               といった鍵の掛け忘れを防止する。
              ピッキングに強いシリンダー錠にする。
              こじ開けにくい鎌付デッドボルト錠にする
             
以上の様々な防犯対策リフォーム&エクステリアで、大切な家族やお住まいを守って
安心して暮らせる家に!

詳しくは当社工事部044−266−1350へご相談ください。
お住まいに合った対策を提案してまいります。
引用 (財)都市防犯研究センター
    トステム(株)